パートでライフスタイルを最優先に

看護師の資格は持っているけれども、家庭の事情で働けないという人も世の中にはいる。時間の都合がつくかどうかは、働く上で重要な条件である。

フルタイムの勤務方法では、必然的に職場での拘束時間が長く、事情で条件が満たせない事もある。しかし各人のライフスタイルに合わせて、看護師として働ける方法も存在する。それはパートタイムだ。

パートタイムの看護スタッフの求人案件は、多数出されている。パートタイムならフルタイムの勤務形態に比べて時間にある程度の都合がつくため、働ける可能性が上がるだろう。例えば家庭の事情以外に、仕事よりもプライベートの時間を大切にしたいという看護師にも、パートタイムの働き方が向いている。

無理をしながらフルタイムで働き続けるよりは、多少収入の面で劣る部分はあったとしてもパートタイムでの働き方を選ぶのも判断の一つである。そのためフルタイムの看護の仕事が厳しいと感じるのであれば、働くスタイルを見直してみると良い。フルタイムでは厳しかった仕事も、パートタイムの働き方に転換してみると余裕を持って仕事ができるようになるかもしれない。

これからの時代は、あまりに仕事一辺倒の人間は問題視される。ライフスタイルを重視しながら同時に仕事もこなすことが、一流の社会人に必要な素質となる。これまでの考え方を改めて、フルタイム以外にパートタイムの働き方にも視野を広げてみると、私生活も仕事も充実した日々を送ることができるだろう。