結婚後は無理のない働き方を

看護師は、まだまだ女性の活躍が目立つ職業だ。今では、結婚後も出産後も仕事を続ける女性が増えてきているが、そんな女性にとって看護師という仕事はとても魅力的な職業と言える。その時々のライフスタイルに合わせて仕事をすることが出来るからだ。しかし、これらのメリットを上手に活用出来ていない看護師も多い。

「看護師の仕事が好き」「患者さんのケアを考えて、このままこの職場で仕事を続けたい」と考えている看護師の方も多いが、女性の場合にはライフスタイルが変わることも多いため、無理をして今まで通り仕事を続けようとすれば、自分自身の負担が大きくなる。例えば、結婚後は女性の方が家事の割合が多くなりがちだ。そうなれば、仕事と家事を両立させなければならない。今まで通り仕事をし、帰宅後は旦那の分の家事や子どもの世話もこなさなければならなくなる。完璧主義の人にとっては、どちらも完璧にこなそうとすることで、壁にぶち当たることになるだろう。妊娠、出産した方であれば、更に負担は大きくなる。家事や育児をしながら、今まで通り仕事をこなすのは到底無理だろう。

家事や育児と両立させていくためには、やはり周りの手助けも必要となる。そして、働き方も見直すべきだろう。看護師の仕事は、幸い様々な働き方がある。働き方を変えても、同じ仕事を続けられるというのはありがたいことだ。子育てが一段落するまでは、パート勤務を選んだり、派遣などを利用することも出来るので、色々と模索してみるといいだろう。働き方を見直すことで、両立も行いやすくなるはずだ。

その結果、子供との時間もしっかりと作ることが出来る。「今の職場にいたい」という気持ちは分かるが、中途半端な状態で仕事をするのは逆に患者さんにとって不安を与えてしまう可能性もあることを忘れてはいけない。それは子供に寂しい思いをさせてしまうことにも繋がりかねない。

看護師の仕事は、ライフスタイルが変わるたびに働き方も変えることが可能だ。この大きなメリットは、生かさないと損だと言えるだろう。