仕事を続ける上で必要なこと

女性にとってどのようなライフスタイルで一生を過ごしていくかということは課題になりがちである。家庭生活に重点を置く人も多く、専業主婦になることを決意する人もいる。しかし、近年では働くことに魅力を感じる人も稀ではなく、看護師にはその傾向は強いのが現状である。

看護師になるために勉強をしてようやく働けるようになったからには、仕事を生活の中心に置いていきたいと考えるのは最もだろう。資格の取得のために3年から4年程度は費やしてきているのが事実であり、結婚して仕事を辞めるということになってしまうのは、勉強期間とあまり変わらない期間しか働けないことになってしまう。

そのことを考慮して、ずっと働いていけるようなライフスタイルを実現するために私生活を調節する人も珍しくはない。仕事を中心に置いて考えると負担になるのが家庭生活だ。結婚前まではほとんどの時間を仕事に費やすことができても、結婚してしまうと家庭生活とのバランスを悩みがちである。

特に子供が生まれてからは育児もしなければならず、その負担を軽減するために育児支援制度を積極的に利用して仕事をできるように工夫していく必要がでてくる。一方、仕事がしたいという気持ちがさらに強ければ、独身生活を続けるという判断をする女性もいる。仕事を中心にするライフスタイルを実現するには、独身の方が自由が多くて断然有利である。看護師としてどんな道を選ぶかは、早めから考えておいた方がいいだろう。